アレルギー性鼻炎の辛い症状がピタッと止まる

看護師

アレルゲンを外に出す

相談

体の防御反応で起こる

目の前に何かが飛んでくれば、体ごとよけたり、手で払ったりすることでぶつかるのを避けるようとします。考えていてはできないことで、瞬間的に行うことができます。その他にも体はいろいろな問題に対して、適切な対処をしてくれる場合があります。アレルギー性鼻炎の症状としては、鼻づまりであったり、鼻水がどんどん出てくる状態があります。不快な状態なので何とかしたいでしょう。ではそもそもアレルギー性鼻炎がなぜ起こるかです。外部から体にとって不適切なものが鼻から入ると、体の中では防御反応が出ます。アレルギー物質は不適切なものなので、排除しようとくしゃみであったり鼻水などで外に出そうとします。それが症状として出ることになります。世の中には目に見えない細菌やウイルスなど人に害を及ぼすものがあります。それらを体内に入れないために起こるのがアレルギー性鼻炎であり、その時に出るくしゃみや鼻水が症状になります。花粉は、本来は人にとっては有害ではありません。ですから入ったとしても、鼻水やくしゃみなどとして出す必要はありません。ただし、花粉の場合、長年吸い込んで蓄積することで、ある時からアレルギーとして認識してしまうようんなります。すると、ウイルスなどが入ってきたのと同じようなアレルギー性鼻炎の症状が出てしまいます。蓄積する量は人によって異なるため、今は症状が無くても将来的に出てくる可能性があります。一度なると、将来的にも出やすくなります。