アレルギー性鼻炎の辛い症状がピタッと止まる

病院

通院負担が少ない治療

鼻づまり

スギ花粉のアレルギー性鼻炎の症状を軽減する治療として、舌下免疫療法が取り入れられました。さらにハウスダストに対応したものとして、ダニ舌下免疫療法も保険適用になっています。自宅で薬を利用して治療することができます。

副鼻腔に膿がたまる

ナース

アレルギー性鼻炎の症状として鼻水などがありますが、長く鼻水が出続けるのであれば蓄膿症を疑います。別名副鼻腔炎とも言われ、副鼻腔に膿がたまる病気です。そのままでは治りにくいので、病院などで治療を受ける必要があります。

治療期間に違いがある

診察室

薬やレーザーがある

人はそれぞれアレルゲンを持っていて、アレルゲンが体内に入ると一定の症状が出ます。子どもと大人とでは出方が異なり、大人になると軽くなる場合もあります。食品などであれば食べなければ済みますが、花粉やハウスダストが原因の場合、それらを吸い込まないのは非常に難しいです。常にマスクをしておく必要があります。アレルギー性鼻炎に関しては、治療方法がどんどん出てきています。意識的に摂取するものなら、それを控えることになりますが、花粉などから守ろうとすると、入ってこないようにすることはできません。アレルギー性鼻炎の症状を改善する治療方法としては、まず薬を使う物があります。点鼻薬を使う方法であったり舌下免疫療法なども行われます。アレルギー性鼻炎の症状を軽減するために薬を使う場合、どうしても時間がかかる場合があります。また、一時的な症状の軽減になることもあります。そこで行われる方法として手術があります。最近行われるのはレーザー手術です。鼻の粘膜部分をレーザーで焼くことで、腫れを防ぐことができます。これによって、アレルギー性鼻炎の症状である鼻づまりを楽にしてくれます。手術自体は数十分ほどで終わるので、日帰りで受けることができます。レーザーを使う以外には、メスなどを使って行う方法もあります。レーザーが使えない場合などに選択できます。こちらも入院不要で受けられる場合があるので、生活に支障があって困る場合には、受けてみると良いでしょう。

アレルゲンを外に出す

相談

体の中では、外となるものを外に排出する働きがあります。アレルゲンが入ってきたときに体外に出そうとする反応がアレルギー性鼻炎の症状であるくしゃみや鼻水となります。花粉症は、長い蓄積でアレルゲンになったときに発症します。